お祭り


先月、実家へ帰省した時に、お祭りへ行って来た。
お祭りは[百餅祭]といって、大きな臼で大量の餅を付く。

・・・・簡単に言えば、そう言うお祭り・・。

百餅祭に行くのは今年で2度目だったんだけど、餅つきの様子を見るのは今回が初めて。
母・姉・甥姪と5人で行ってきた。


臼に入った大量の餅米をつくのには市民の人達も参加できるらしく、
前後に張ったロープに沿って、綱引き方式で皆整列し、ロープを引っ張る。
そしてそいつを緩めると、その先にくくってあるどでかい杵がドスッ!!と落ちて
餅がつけるという仕組み。

杵がドスンと餅の上に落ちる度に、餅の一部がはじけ飛び、
おばちゃん達が「キャー!」と叫び、更にお祭りは盛り上がる。


初めての大規模な餅つきがおもしろくて、気付いたらすっごい笑顔でその様子を見ていた。
そんなにやけ顔の私に、右の方から伝言が回って来た。

「ねぇねぇ、ロープの先頭にいるおじさんのお腹、すごい毛むくじゃらだよ」


餅から目を離して、ロープの先頭に目をやると、
市民の手さばきを誘導する役割のおじさん・・というか太ったお兄さんが一生懸命
ロープにぶら下がっている。

ぶらさがる

服の裾がズリ上がる

腹が出ているから余計にズリ上がる

腹毛が凄い

姉がそれを発見

甥っ子

姪っ子



全員釘付け


その伝言が全員に行き渡ってからは、
うちの家族全員、餅なんかよりもそのボーボーの腹毛が気になってしょうがない。
うっかりそのお腹に餅が飛んで来たら、それこそ見物だもの。

結局は、お兄さんの腹毛に餅が絡まり更にお祭りがヒートアップする、という
おもしろい展開にはならなかったんだけど、夏の終わりに、楽しい思い出になりました。


a0137325_1544113.jpg
[PR]
by fig1223 | 2009-10-03 16:08 | diary


<< 世界はときどき美しい 秋だけど >>